愛玩用ペットとの暮らし方|犬の椎間板ヘルニアは早めに治療を|いつまでも元気でいてもらう為に

犬の椎間板ヘルニアは早めに治療を|いつまでも元気でいてもらう為に

男女とドッグ

愛玩用ペットとの暮らし方

ハリネズミ

確認しておきたい管理状況

ペットの購入で確認しておきたいのが、販売店の管理状況です。ハリネズミの場合にも、近年は取り扱い店が数を増やします。しかるべき販売資格を有するお店であれば、通常は適正な管理がされます。ハリネズミは飼育する上での注意点が多く、店側の管理如何で健康状態が左右されてしまう動物です。販売店を選ぶ時には、実際にお店に行くなどの方法で状況を見ておきます。温度差やストレスの多い環境は、ハリネズミに大きな負担を与えます。四季のある日本では、特に季節ごとに温度管理が必要です。販売店を訪れた時には、ケージの中の温度や衛生状態を意識してチェックします。ストレスの少ない環境で飼育されていれば、後のトラブルも少なくて済みます。

真夏と真冬に要注意

多くのハリネズミは、冬になると冬眠の状態になります。冬眠は、極端な寒さから身を守るための本能的な行動です。ただ、ハリネズミの中には冬眠の習性をもっていない種もいます。ただ、冬眠をしない種のハリネズミでも、冬の寒さにはかなり弱いのが現実です。夏の高温もハリネズミにとっては、大きなストレスです。温度差によるストレスが大きくなると、衰弱するハリネズミも多く見られます。日本の家庭で飼育されている種は、特に温度差に弱いのが特徴です。ですので、室温の調節には常に神経を使います。人間よりも、遥かに温度に敏感なのがハリネズミです。そのため、自分の体感温度を基準に考えていると、時としてペットの体調不良を招きます。

Copyright© 2016 犬の椎間板ヘルニアは早めに治療を|いつまでも元気でいてもらう為にAll Rights Reserved.